Entries

C++Builder5でPicturePrintを再構築

久しぶりにBorlandC++Builder5を使った。
Windows7のマシンへのインストールでは管理者権限だのなんなのというのがあり、更にそのマシンにWindows版Qtもインストールされていてちょっとトラブルが生じた。
2日目には何とか構築がスムーズにできるようになり、WindowsXP時代、それも2001年にBuilder3で手がけていたPicturePrintというソフトの見直しと再構築を行った。
Builder5も古いソフトなので情報が集まらず、さらに古いBuilder3との互換性などは情報収集が無理に近かった。
まず、Builder3で使っていたPNGフォーマットの画像読み込みライブラリを切り離した。
その後なぜか変数がクリアされることが起こり、それをTMemoを使って回避、その他いくつかのコンパイルエラーを解決して再構築が終わったのが3日目。
今回の公開となった。

ソフトはJPEGとBMPフォーマットの画像をドラッグ&ドロップすると紙に自動的に割り当てて印刷ができるもの。
例えばA4用紙を16分割しそこに16枚以上の写真データをドラッグ&ドロップするとサムネイルのように16枚の写真をA41枚に割り当ててくれる。分割は1,2,4,6,8,9,12,16の8種類。また、1枚の写真を分割した枠にドラッグ&ドロップすることでも割り付けが可能。したがって同じ写真を2か所に印刷することもできる。
割り当てた写真は個別にも一斉にも回転させることができる。縦横日は維持されるので回転して余白の少ない状態で印刷できる。サムネイルのようにファイル名も移動時に印刷できるのも特徴。

ただし、ページの概念がないので2分割にして6枚の写真をドラッグ&ドロップしても画面に割り当てらてた2枚の写真しか印刷しない。

使ってみていただける方は
http://rebelrider.web.fc2.com/pictureprint/index.html
を参照してください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rebelrider.blog.fc2.com/tb.php/77-81c2674a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

rebelrider

Author:rebelrider
BorlandC++Builder5を使ったプログラマー。本業は「教育関係」、60歳のおじさんです。
FC2のWebページにソフトウエアはアップしています。
日記代わりのブログもご覧ください。

最新トラックバック

ブログカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR